100年前から100年先へ NO TREASURE , NO LIFE !
0930-22-0739(10:00~19:00)火曜定休 
福岡県行橋市宮市町1-27

ジュエリー・時計・アイウェアのセレクトショップ ENOMOTO
宝飾屋 あるいは眼鏡屋、創業以来ずっと時計屋。

EYE WEAR

Lesca LUNETIER

Lesca LUNETIERレスカ・ルネティエ

「French Heritage(フランスの伝承)」

Lesca家は自分たちの活動をそう呼んでいます。フランスの東南山岳地帯であるジュラ地方は古くから手作業の製造が盛んで、眼鏡作りでもヨーロッパに於ける中核的な地域として発展してきました。20世紀初頭よりこの地で眼鏡に携わってきたLesca家は1964年に自身のブランドであるLesca LUNETIERを立ち上げ、以来ジュラ地方の伝統的な眼鏡製法や、フレンチトラッドなデザインのエッセンスをアップデートさせて行く活動を続けてきました。ジュラに点在する職人達との深い信頼関係があり、過去から受け継いできた役割を大切にしているからこそ出来る事です。これこそが「French Heritage」です。Lesca LUNETIERにはフランスの眼鏡の伝統と魅力的なエッセンスが詰まってます。

【レスカ・コレクション】
ジョエル・レスカによる50-60年代リエディット

「リエディット」とは、1950〜60年代当時の工法やディテール、型など過去のノウハウや工具を使用しつつ、新規に商品を製造すること。フランスの眼鏡に古くから作り込まれていたエッセンスを新しいデザインに反映させ、フレンチヴィンテージならではの持ち味や美しさを継承しています。Lesca LUNETIERは、常に新しいインスピレーションと時代のニーズを反映させて、独特のヴィンテージ感あふれる魅力的な新作をラインナップに加えています。

【ヴィンテージ・コレクション】
1950-60年代のリアルフレンチヴィンテージのデッドストックコレクション

ただ古い商品をそのまま出荷しているのではなく、オリジナル・フレンチヴィンテージ・ストックは、ジュラ地方の工房で、当時のヨーロッパ独自の道具や機械、伝統技術を用いて職人の手で一本一本丁寧に各パーツを組み立てられています。職人の手で当時の出荷前の仕上げと同じ研磨や磨きをを行い、丁寧にパーツを組み上げて出荷するので高い品質を保証しています。当時のアセテート板は非常に優れたクオリティでカットされており、また、当時のオリジナルカラーも現在では大変貴重なものです。
テンプルとフロントをつないでいる蝶番は、往年の技術を用いて取り付けられており、蝶番の堅牢性、オリジナル・ガラスレンズの品質は、多くの眼鏡愛好家を魅了し続けています。デッドストックである為1点ものも多く、同じものを幾つも入手する事は出来ない場合もあり希少性の高さもこのコレクションの特徴です。

*店頭在庫状況はこちらよりお問い合わせ下さい。

RECOMMENDED
FREDERIC BEAUSOLEIL

FREDERIC BEAUSOLEIL

Lunor

Lunor